All in 1.在留資格

技人国ビザのこと理解できていますか?代表的な就労ビザ『技術・人文知識・国際業務』の取得要件とは

技術・人文知識・国際業務とは、略して技人国ビザとも呼ばれ、就労ビザの中でよく使われるホワイトカラー向けの在留資格として知られています。

技人国ビザは、学歴ビザともいわれており、留学生が大学や専門学校で学んだ知識を活かして就職する際によく使われる在留資格です。具体的にどのような取得要件があるのか見ていきましょう。

家族滞在でのアルバイト/資格外活動許可の申請について理解しよう

家族滞在の在留資格とは、外国人の方が次の在留資格をもって日本で活動する人の扶養を受ける人(配偶者or子ども)は家族滞在という在留資格で日本に滞在することになります。家族滞在の在留資格保有者は、基本的には当該外国人に扶養されている立場ですが、資格外活動許可の申請を行えば週28時間までアルバイトをすることができます。

週28時間しか働けない在留資格『資格外活動許可』の申請とは

外国人留学生や家族滞在の在留資格保有者は、入管法第19条で定められた『資格外活動許可申請』の手続きを行い、1週28時間という制限内で働いています。本記事では資格外活動許可申請の概要や、オーバーワークとみなされてしまうケースなどの注意点、資格外活動許可の申請手続きや必要書類についてまとめてご紹介します。

※2019年7月18日更新

外国人採用の完全マニュアル!募集から入社までの無料チェックリスト付

外国人ってどうやって採用できるんだろう?なんとなく『難しそう、面倒くさそう』と感じる皆さんのために、外国人の募集方法から採用後の労務手続きまですべてまとめました。

※2019年7月17日更新

【特定技能の宿泊業分野で22,000人受入れ】ホテル・旅館業と特定技能 ※280名合格

2019年4月に新設された、外国人の就労のための新たな在留資格である『特定技能』。

本記事では特定技能の中に含まれるホテル産業分野において、試験日程や在留資格の内容について詳しくご紹介していきます。

※7月3日更新

2019年4月新設!外国人の在留資格「特定技能」14分野と試験日程

2019年4月に、あらたな外国人の在留資格として『特定技能』が新設されました。日本では外国人の単純労働(専門知識を必要とせずに短時間の訓練で行うことができる仕事のこと)を禁止していました。しかし今回の特定技能の在留資格では、近年の日本の人手不足を解消するために、特定の14業種であれば単純労働を含めて働くことを許可したため、大きな話題となっています。※2019年6月19日更新