週28時間しか働けない在留資格『資格外活動許可』の申請とは

外国人留学生や家族滞在の在留資格保有者は、入管法第19条で定められた『資格外活動許可申請』の手続きを行い、1週28時間という制限内で働いています。本記事では資格外活動許可申請の概要や、オーバーワークとみなされてしまうケースなどの注意点、資格外活動許可の申請手続きや必要書類についてまとめてご紹介します。

※2019年7月18日更新

資格外活動に違反したらどうなるの?不法就労助長罪というペナルティを理解しよう

外国人留学生や家族滞在ビザの方は、資格外活動許可で定められた就労時間内で働きます。このルールに違反した場合は不法就労となり、雇用する企業側は不法就労助長罪として罰則を受けます。

そもそも資格外活動許可をきちんと申請しなかった場合、また資格外活動許可の違反行為について理解を深め、企業と在留外国人がペナルティを受けないための知識をご紹介します。

家族滞在ビザは週40時間まで働けない!資格外活動許可と28時間・40時間の壁とは

資格外活動許可の申請を行うと家族滞在や留学生の方は週に28時間まで就労が可能になります。また、留学生は長期休暇で学校が休みの期間だけ、週40時間まで就労時間を延長することが可能です。

資格外活動許可と、間違えやすい就労時間制限について理解を深めましょう。

外国人採用の完全マニュアル!募集から入社までの無料チェックリスト付

外国人ってどうやって採用できるんだろう?なんとなく『難しそう、面倒くさそう』と感じる皆さんのために、外国人の募集方法から採用後の労務手続きまですべてまとめました。

※2019年7月17日更新

外国人雇用の注意点/外国人から応募が来たら必ずチェックすべきこと【労務手続きまとめ】

外国人の方から応募が来た時に、面接で何を確認すべきなのか、雇用する企業が必ず確認しなければいけないことをまとめました。基本的には日本人と同じように雇用保険、社会保険の手配が必要ですが、外国人特有の『在留資格の確認』や『外国人雇用状況届出書』の提出など注意点もお伝えします。

外食産業と特定技能ビザ/外食産業特定技能1号試験347人合格/試験内容も紹介

2019年4月に新設された、外国人の就労のための新たな在留資格である『特定技能』。

本記事では特定技能の中に含まれる外食産業分野において、試験日程や在留資格の内容について詳しくご紹介していきます。

※7月5日更新