All in 8.トレンド

外食産業と特定技能ビザ/外食産業特定技能1号試験347人合格/第4・第5回試験は合計6000人規模へ

2019年4月に新設された、外国人の就労のための新たな在留資格である『特定技能』。

本記事では特定技能の中に含まれる外食産業分野において、試験日程や在留資格の内容について詳しくご紹介していきます。

※8月1日更新

訪日外国人と外国人労働者数<国別ランキング>2019年7月最新版

2018年末、訪日外国人の数は263万人を超えました(JTB総合研究所調べ)。続けて2019年3月の速報値では、訪日外国人の数は276万人を突破しています。訪日外国人の国別ランキングとともに、146万人に増加した外国人労働者の国別ランキングもご紹介していきます。どの国から外国人がやってきているのか見てみましょう!

※2019年7月4日更新

【特定技能の宿泊業分野で22,000人受入れ】ホテル・旅館業と特定技能 ※280名合格

2019年4月に新設された、外国人の就労のための新たな在留資格である『特定技能』。

本記事では特定技能の中に含まれるホテル産業分野において、試験日程や在留資格の内容について詳しくご紹介していきます。

※7月3日更新

2019年7月25日start!在留申請手続きのオンライン化が実現/24時間利用可能/利用料金不要

2019年7月25日(木)から、外国人の在留申請手続き方法が変わります。

今まで、在留期間更新許可申請や再入国許可申請、資格外活動許可申請は、地方出入国在留管理官署に出向いて書類を提出し審査を受ける必要がありました。これらの手続きがすべてオンライン化され、わざわざ窓口に出向かずに24時間申請可能になります。

在留申請手続きのオンライン化について、詳しくご紹介します。

※2019年7月1日更新

2019年4月新設!外国人の在留資格「特定技能」14分野と試験日程

2019年4月に、あらたな外国人の在留資格として『特定技能』が新設されました。日本では外国人の単純労働(専門知識を必要とせずに短時間の訓練で行うことができる仕事のこと)を禁止していました。しかし今回の特定技能の在留資格では、近年の日本の人手不足を解消するために、特定の14業種であれば単純労働を含めて働くことを許可したため、大きな話題となっています。※2019年6月19日更新

ビルクリーニング分野と特定技能ビザ/最大37,000人受入れ予定/最新情報更新中

2019年4月に新設された、外国人のための新しい在留資格である特定技能1号と2号。この特定技能では、対象となる14分野(14職種)それぞれが別々の試験スケジュール・規定で動いています。

本記事では、建築物清掃業であるビルクリーニング分野に関する情報をまとめていきます。

2019年6月19日更新