留学生のアルバイトの上限時間は28時間と40時間の2パターン!

留学生のアルバイトの上限時間は28時間と40時間の2パターン!

留学生のアルバイトを採用するとき、必ず気を付けないといけないのが彼らの労働時間の管理です。留学生の在留資格は、本来は就労が認められていません。資格外活動許可申請を申請することで初めて働くことが出来るようになり、働く時間は制限されています。

資格外活動許可は1週間28時間

留学生の資格外活動許可が認められた場合は、1週間あたり28時間まで働くことができます。

留学生の本業は学業なので、勉強の妨げにならない程度のアルバイトは許可されると理解しましょう。多くの留学生たちは日本での学費や生活費を払うため、または日本語を学ぶためにアルバイトをしたいと考えています。たとえ本人が28時間を超えて働きたいと言っていても、28時間を超えてしまうと不法就労になってしまうので注意が必要です。

28時間は残業時間も含めて計算しよう

ここでの28時間は、所定労働時間ではなく残業時間を含んで計算するので注意しましょう。

掛け持ち先のアルバイト勤務時間も含めて合計28時間までと覚えよう

アルバイトを複数掛け持ちしている留学生もいますが、アルバイト先1社につき28時間ではありません。2社で働いている場合、2つの勤務先での労働時間を足したものが、28時間以下におさまるようにしてください。

1週間のどの日を起点にしても28時間以内におさまるようにしよう

28時間の数え方は、月曜日から日曜日とカウントするわけではなく、1週間のうちどの日を起点にしても変わらず28時間以内になるようにします。

学校にちゃんと通っていなかったらアウト

どんなに1週間28時間の原則を守っていても、留学生の本業である学業が疎かになっていると在留資格を剥奪される可能性があります。雇用主は、留学生がきちんと学校に通っているのか、定期的に確認する方が良いでしょう。

夏休みなど長期休暇中は特別に週40時間・1日8時間まで働ける

留学生の場合は、夏休みや冬休みなど長期休暇が発生する場合があります。この休暇期間に限り、1週間の労働時間を40時間まで延ばすことが可能です。ただし、あくまでも学校の学則による長期休業期間でないと、この40時間は認められません。

この40時間とは、日本人の労働基準法と同じですね。1日に換算すると8時間までです。

あくまでも1日8時間の原則を忘れずに

たとえ1週間あたり40時間を守っていたとしても、1日に10時間~12時間×週3日など、1日の労働時間が極端に長くなる場合はNGです。

家族滞在の場合は40時間まで拡大されないので要注意!

ちなみに、『家族滞在』の在留資格も資格外活動許可が適用されますが、家族滞在の場合は学生のように長期休業期間がないので、週40時間まで拡張することはできないので注意しましょう。

※資格外活動許可について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

週28時間しか働けない在留資格『資格外活動許可申請』とは

留学生のアルバイト紹介って何?外国人留学生を効率よく採用する方法を伝授!

留学生のアルバイト紹介って何?外国人留学生を効率よく採用する方法を伝授!

週28時間しか働けない在留資格『資格外活動許可申請』とは

週28時間しか働けない在留資格『資格外活動許可申請』とは