All Jobs Japan【外国人採用に特化した仕事情報メディア】β版リリース

All Jobs Japan【外国人採用に特化した仕事情報メディア】β版リリース

株式会社エムティックホールディングス傘下の株式会社オールジョブスジャパンでは、2019年3月にオールジョブスジャパン(外国人採用に特化した仕事情報メディア)のベータ版をリリース致しました!

外国人労働者はどのくらい増えているのか?

現在、国内で就労している外国人は146万463人となりました。(厚生労働省による外国人雇用状況の届出まとめ、平成30年10月末時点)この数値は過去最大となっています。日本国内の総労働人口は、総務省の調査によると6656万人なので外国人比率は全体の2.2%ほどとなり、50人に1人は外国人労働者がいるということになります。この6656万人は日本全体の数値ですが、外国人労働者のほとんどが東京を中心とした関東エリアと大阪に集中しているため、東京だけを見るとかなり多くの外国人が働いていることを実感できるでしょう。

中国を中心にアジア圏の人材が活躍している

外国人労働者を国籍別に見ていくと、前年と変わらず中国人労働者が圧倒的に多いです。中国人は38万9117人なので全体の26.6%にも上ります。直近で伸び率が高かったのは、ベトナム人の31万6840人(全体の31.9%)とインドネシア人(21.7%)、ネパール人(18%)と続きます。また、フィリピン人も以前から多く16万4006人(全体の11.2%)もの人が日本で就労しています。

All Jobs Japan/オールジョブスジャパンとはどんなサービス?

オールジョブスジャパンは、日本にすでに居住している外国人のための求人サイトです。これだけ多くの外国人が訪日し、日本ではたらきたいと願っていますが、実は外国人向けの求人サイトはそこまで多くはありません。また、求人サイトはあるものの、彼らの母国語で翻訳されたサービスは少なく、仕事情報もまだまだ十分ではありません。

そこで、株式会社オールジョブスジャパンでは、外国人のための仕事情報メディアであるAll Jobs Japan/オールジョブスジャパンを立ち上げました。最初の立ち上げは2018年10月でしたが、改良を重ね、2019年3月に改めてベータ版をリリースいたしました。本サイトでは、より正しい情報理解のために10か国語翻訳対応をし、土地勘のない彼らを助ける地図機能や、雇用主とダイレクトにかつスピーディにやり取りができるスカウト機能などの仕組みを搭載していきます。

姉妹サイトのGaijinbankもリニューアルオープン

株式会社エムティックホールディングス傘下の株式会社エムティックでは、外国人のための人材派遣と職業紹介業をGaijinbankというサービス名で運営してきました。この度、オールジョブスジャパンのベータ版リリースと同タイミングでサイトリニューアルをかけ、さらに見やすく、使いやすさを向上いたしました。

今後とも「Gaijinbank/外人バンク」の応援のほど、よろしくお願いいたします。

エムティックは初めての外国人採用を応援します

日本人の労働人口減少にともない、採用が年々難しくなっており、外国人採用に初めて踏み切る企業様も多くいらっしゃると思います。初めて彼らを雇用する際、どのような手続きが必要なのか?どのような基礎知識が必要で、どう採用していけばいいのか?エムティックは、そのような採用担当者様のさまざまな疑問や不安に、これからも誠実に向き合いサポートしていきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

今さら聞けない就労ビザの基礎知識!外国人が日本ではたらくためのVISAを覚えよう

今さら聞けない就労ビザの基礎知識!外国人が日本ではたらくためのVISAを覚えよう

代表の杉原がBloombergより取材を受けました!

代表の杉原がBloombergより取材を受けました!