週に28時間しか働けない在留資格を覚えよう!

週に28時間しか働けない在留資格を覚えよう!

外国人を採用するとき、必ず在留資格を確認する必要があります。在留資格の中には、週に28時間しか働けないものがあるのはご存知ですか?本記事では、週に28時間しか働くことができない在留資格について詳しくご紹介します。

働くことができる代表的な在留資格5つ

まず、日本で働くことができる代表的な在留資格は以下のものです。

  • 永住者

  • 定住者

  • 日本人の配偶者など

  • 定住者の配偶者

  • 技術・人文知識・国際業務

上記以外の在留資格は、基本的には日本で働くことを許可されていません。

しかし、就労が認められていない在留資格でも、資格外活動許可を申請すれば週に28時間までの就労を許可してもらえる制度になっています。この28時間というのは、本来の在留資格で許可された活動の邪魔をしない範囲内で働いてくださいね、という意味で制限が設けられています。たとえば、留学生の在留資格の人は「学業」が本来許可された活動なので、学業を邪魔しない程度の週28時間なら働けるということになります。

資格外活動『週28時間』が適用される在留資格

この週28時間という制限がかかる在留資格は、主に3つあります。

  • 留学生

  • 卒業後の1年間で就職活動中の人=特定活動の在留資格

  • 家族滞在の在留資格

これらの在留資格を持つ人は、資格外活動申請を出すことで週28時間以内であれば働くことができるようになります。資格外活動の許可を得た人は、在留カードの裏面に『原則週28時間以内、風俗営業等の従事を除く』と記されるので、雇用者側も必ずチェックするようにしましょう。

学生の本業は学業であり、就活生は就活が在留資格で許可された内容、また家族滞在は配偶者か親の扶養に入っている想定なので、それぞれ働く時間が制限されているのです。

留学生は休暇中だけ週40時間まで働ける

上記3つの在留資格の中でも、留学生だけは特例があります。夏休みなどの長期休暇の間だけ、週28時間ではなく週40時間働くことが特別許可されているのです。

資格外活動の許可を得ていても働いてはいけないケース

資格外活動の許可を得ていれば、週28時間まで働けますが、在留資格で本来許可されている活動を一切せずに仕事だけするのはNGです。例えば、留学生が学校に行かずに働いた場合、本来許可されている在留資格は学業なのでそもそも与えられた在留資格に対して違反しているとみなされてしまうのです。留学生をアルバイトとして採用しいている企業は、彼らがきちんと学校に行っているか確認することが必要でしょう。


起業サプリジャーナルに代表の杉原が取材を受けました!

起業サプリジャーナルに代表の杉原が取材を受けました!

日本語能力試験(JLPT)と外国人の日本語レベルのチェックの仕方

日本語能力試験(JLPT)と外国人の日本語レベルのチェックの仕方